名古屋・栄の英会話

TOEIC® 2か月で200点アップ!!

ウィズイングリッシュアカデミー
TEL: 052-263-0755

英会話の正しい勉強法 その3

英会話の正しい勉強法 その3

英語がパッと出てこない、と嘆いている方はとても多いですが、

そんな方たちには実は、「共通点」があるのです。

それは、いつでもちゃんとしゃべりたい、と思っていること。

もちろん、ちゃんと話したいに決まっています。

でも、英語と日本語とは、そもそも、物事の表し方が違うので、

日本語のように、説明をちゃんとつけ、正確に表そうと、前置きが長くなれば長くなるほど、

相当上手にしゃべれる人以外は、通じない文を作る可能性が高くなるのです。

例えば、Did you do your homework?  (宿題やった?)って聞かれたとき、

「本当はほとんどやったんだけど、一つだけやっていないものがある。」と言いたくても、

まずは、Yes ! って言うべきなのです。

「ほとんど、ってどういう単語だったっけ?」というのが最初に頭に浮かび、

それが言いたくて、講師に How do you say “HOTONDO”?と聞いてしまったところでアウトです。

話が別のところに行ってしまいます。

「ほとんど、っていう単語調べてからしゃべろう。」と思って、

電子辞書に手を伸ばしているあいだに、

「なんだ、こいつまた宿題やってないのか?」と思われてもしょうがないのです。

英会話クラスは、しゃべってなんぼ!

まずは、話す。短文を話す。100%伝わらなくても、まずは、「相手の質問に反応する」こと。

それが一番大事です。

もちろん、それでは、誤解も招きます。

でも、それはあとでもいいじゃないですか。

また、そのままだっていいじゃないですか。お金を払って、練習に来ているのですから。

そして、誤解されてしまった悔しさやもどかしさをバネに、次はちゃんと言えるように復習をしてほしいと思います。

失敗され、誤解され、伝わらない悔しさをたくさん味わった人の方が、

上達は早いんですよ。

うん、私がまさにそうでしたから、これは本当です。

みんな、がんばれ~!!!