名古屋・栄の英会話

TOEIC® 2か月で200点アップ!!

ウィズイングリッシュアカデミー
TEL: 052-263-0755

英会話の正しい勉強法 その16 話しかけるきっかけは?

英会話の正しい勉強法 その16 話しかけるきっかけは?

英会話クラスの中では、講師に質問されたときに話せばいい、と思って自分から意見を言わない人がときどきいますが、

クラスの中でも外でも、せっかくだから自分から話しかける癖をつけてほしいと

いつも思っています。

じゃあ、どんな言葉で話しかければよいのか?

話しかける、というと、つい、

Excuse me, から始めてしまいがちですが、

実はきっかけのフレーズというのは、ほとんどなく、

結構突然、話が始まることが多いのです。

なんとなくそばにいる人に、

I went skiing last Saturday. (先週土曜、スキーに行ったよ。)

みたいに誰かが言ったときから、

Oh, yeah? Where? (へえ、そうなんだ、どこ行ったの?)

みたいに会話が始まります。

近くにいるのに何も言わないままだったり、

Can I talk to you now? (今話しかけてもいいですか?)みたいなことを言うと、

改まった何か大事なことを話したいのかと、かえって身構えられたりしてしまいます。

知らない人に話しかけるときにも、難しい前置きや話のきっかけはいりません。

駅で切符を買うのにとまどっている人を見たら、

特に、Excuse me も、Hello, もなくていいので、(あってもいいですが。)

近寄って、Where are you going? (どこに行くんですか?)

と、聞いてあげるだけで会話が始まります。

「もしお困りなら、」とか、つい気の利いた言葉を言いたくなってしまうのですが、

そんなことより、ちゃんと目を見て、

怪しい人ではない、ということをわかってもらえば、

用件だけで、全然問題ないのです。

言葉はコミュニケーションの道具、とよく言われますが、

道具に振り回されないで、どんどん使ってみるのが一番。

がんがんしゃべっちゃいましょう!